電話受付時間 月~金 9:00~18:00  TEL:03-5925-1371  FAX:03-5925-1903
講師プロフィール
大村 朋子
オオムラ トモコ

大村 朋子 (女性)

元NHKキャスター/記者 (職員として2012年暮れまで29年勤務)
バイリンガル(日英)司会者 
ジャーナリスト(フリーランス)

女性が仕事、夫、子供、舅姑の全てをハッピーに持ち続けるには?

帰国子女(10代に6年)のはしりとして、雇用機会均等法前のNHKに職員として入局。帰国子女としては2人目、女性記者の二期生二人のうちの1人として、名古屋局に赴任。入局5年目で職員女性記者としては初のキャスターになる。ニュース番組を中心に記者、リポーター、ディレクターとして16年勤務したのち、国際放送局の英語ニュースデスクとなる。専門は日本のニュースを海外に伝える国際放送。プライベートでは41歳で高齢出産、夫の海外転勤帯同3年、現在は87歳舅82歳姑と二世帯住宅で暮らす。いわゆるキャリア組としては珍しく舅姑同居、中学生(帰国子女)の娘を抱える主婦としての顔も持ち、女性としての苦労を数多くしている。夫は胃ガンサバイバーの大学教授。仕事と家庭(子育てと介護)の両立をまさに実践中。

経歴・職歴

経歴・職歴


1960 北九州市生まれ
1972 父親の転勤にともなってマレーシア、クアラルンプールに転居
1975 父親の転勤にともなってイラン、テヘランに転居
1979 イスラム革命のためイラン国外退去、その後帰国
1979 American School in Japan (調布)卒業 
1984 上智大学外国語学部比較文化学科
1984 NHKに記者として入局
1988-89 総合テレビ夜9時ニュースToday キャスター(平野次郎アンカー 橋本大二郎記者 国谷裕子さん福島敦子さん他が出演)
2001-2 出産のため休職 インドネシアで育児休業
2006-2009 NHKワールドで編集責任者兼英語ニュースキャスター
2010-2011 NHK広報誌ウィークリーステラ編集長
2012 家族の海外転勤のためインドネシアに同行 退職
2014〜 帰国、フリーランスとして活動開始

講演テーマ

講演テーマ


キャリアも夫も娘も舅姑も!目指せスーパーウーマン

親の都合で海外2ヶ所を含め、数多く転勤した。帰国子女の走りで受け入れる学校や企業が極めて少ない中でも上智卒業、NHK入局。結婚は24歳、でも仕事ばかりしていて、41歳で初産。その後は管理職として子供を抱え、舅姑と同居しながら自分のキャリアをどう維持するか、奮闘中。若い女性のロールモデルとなりたい。

日本をどう伝えるか?ネイティブ並みじゃなくていい英語力

帰国子女として、外国人の多い環境で教育を受けてきた中で、自分の意思や、日本について海外の人々に英語で伝える難しさを痛感。国際放送局では12年、NHKワールドの編責やキャスターを努めた。日本人は世界で目立たないと言われるが、どう日本を海外に伝えてアピールして行くべきなのか?英語だけでいいのだろうか?

実績

実績


▼2008年洞爺湖サミットで、各国首脳と奥様が出席する日本文化紹介イベントの日英司会を担当。
▼同年横浜TICADでは福田首相夫人(当時)主催のワークショップ(首脳夫人たちの会議)のコーディネーターを担当。
▼東大駒場キャンパスで、非常勤講師として留学生むけの「日本のメディア」の授業を年一回、2010年まで3年間担当。
▼学習院女子大学主催女子学生むけシンポジウムファシリテーター
▼通産省主催シンポジウム日英司会(2017年プノンペン)
【保有資格】
  • TOEIC 935点 レベルA
  • 英検一級優良賞
主な著書

主な著書


  • 翻訳本 No Time to Lose