講演会・講師依頼のパートナー、講師派遣をお探しの方は講演講師ナビへ

講演講師ナビ
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。電話受付時間 月~金 9:00~18:00  

TEL:03-5925-1371

山本 昌 やまもと まさ (男性)

  • スポーツコメンテーター
  • 元プロ野球選手
講演内容
教育・進路/ライフスタイル/モチベーションアップ/人生/ビジネス/芸能・文化・スポーツ
生年月日
1965年8月11日
講演可能地域
  • 全国
印刷用ページへ

プロ野球史上最長の現役32年を誇る球界のレジェンド

1984年に入団して以来、32年間中日ドラゴンズ 一筋で活躍したフランチャイズプレイ ヤー。 50歳での現役、プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、数々の最年長 記録を樹立している名投手。
3度の最多勝に輝き、94年には沢村賞を受賞。 2006年には史上最年長41歳でのノーヒットノーランも達成。08年には通算200勝を史上最年長で達成した。またプロ通算219勝 のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録しており、また40歳以降でも46勝を挙げた「レジェンド」として記録にも記憶にも残る名投手として知られる。 引退後は野球解説者・スポーツコメンテーターとしてはもちろん、ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬やスイーツなど多彩な分野で活躍している。

経歴・職歴

1965年 東京都大田区生まれ
1981年 日本大学藤沢高校に入学
1984年 中日ドラゴンズに入団
1988年 ドジャースとの交換留学生としてアメリカに留学
1993年 初の最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得
1994年 2年連続の最多勝を獲得と投手として最高の栄誉である沢村賞を獲得
1997年 3度目の最多勝と最多奪三振のタイトルを獲得
2006年 史上最年長の41歳1ヶ月5日でノーヒットノーランを達成
2008年 史上最年長の42歳11ヶ月で200勝を達成し、名球会入りを果たす
2014年 史上最年長の49歳25日で勝利を挙げる
2015年 史上最年長、50歳での登板を果たし現役を引退
2016年 野球解説者/スポーツコメンテーターとして活動を始める

講演テーマ

今の自分が未来の自分を作る ~準備することの大切さ~

50歳までプロ野球選手として活躍した山本昌も中学校までは補欠、プロ入り後も数年は結果が残せなかった。しかし腐ることなく日々の努力を怠らなかったことでチャンスに巡り会えた時にそのチャンスを掴むことが出来たのです。自身の経験から今の自分が未来の自分を作る、その大切さを未来ある若者に向けてお話し致します。

継続する心

誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフランチャイズプレイヤーでもある山本昌が自身の経験から1つ場所で1つのことをやり続ける力。またそこで結果を残し続けることの難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話し致します。

実績

【講演実績】
全国企業、高等学校、大学、予備校、自治体、団体など

【メディア出演】
 日本テレビ『NEWS ZERO』野球解説
 東海テレビ『ドラHOT+』レギュラー
 東海テレビ『みんなのニュースONE』レギュラー
 東海ラジオ『ドラヂカラ!!』レギュラー
 東海テレビ『野球中継』解説
 日本テレビ『野球中継』解説
 東海ラジオ『東海ラジオ ガッツナイター』解説
 ニッポン放送『ニッポン放送ショウアップナイター』解説
 ニッポン放送『日曜競馬ニッポン「山本昌のスクリュー馬券」』
 フジテレビONE『山本昌のラジ魂道場』
 中日新聞 解説
 日本経済新聞 『サウスポーの視点』連載
 日本テレビ『アナザースカイ』
 日本テレビ『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』 など
【受賞歴・出場歴】
 現役通算 581試合 219勝165敗5セーブ 防御率.345
 最多勝:3回
 最優秀防御率:1回
 最多奪三振:1回
 沢村賞:1回
 最優秀投手:2回
 月間MVP:8回
 ベストナイン:2回
 最優秀バッテリー賞:1回
 セントラル・リーグ特別賞
 セントラル・リーグ功労賞
 優秀JCB・MEP賞:1回
 「ジョージア魂」賞 Bi-weekly賞:3回
 「ジョージア魂」賞 特別賞:1回
 グッドエイジャー賞
 茅ヶ崎市民栄誉賞

主な著書

  • 『133キロ怪速球』
  • 『継続する心』
  • 『進化』 ※山﨑武司との共著
  • 『悪あがき』
  • 『覚悟を決める心:山本昌語録』
  • 『山本昌という生き方』
  • 『奇跡の投手人生50の告白:悔いはあっても後悔はない』
  • 『ピッチングマニア:レジェンドが明かすこだわりの投球術』
  • 『生涯現役論』 ※佐山展生との共著