講演会・講師依頼のパートナー、講師派遣をお探しの方は講演講師ナビへ

講演講師ナビ
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。電話受付時間 月~金 9:00~18:00  

TEL:03-5925-1371

植田 辰哉 うえた たつや (男性)

  • 元全日本男子バレーボール代表監督
講演内容
教育・進路/モチベーションアップ/人生/芸能・文化・スポーツ
生年月日
1964年7月25日
講演可能地域
  • 全国
印刷用ページへ

日本を16年ぶりのオリンピックへ導いた闘将

前全日本男子バレーボールチーム監督。1992年、バルセロナオリンピックに主将として出場し6位入賞を果たす。2005年、低迷を続けていた全日本の監督に就任。凄まじい量の練習や、日本代表選手としての誇りを持つことを選手に要求するなど、強烈なリーダーシップでチームを作り上げた。そして、2008年北京オリンピック世界最終予選にて、16年ぶりのオリンピック出場を勝ち取る。出場権を獲得した瞬間、コートに倒れこみ、男泣きした姿は日本中に大きな感動を与えた。座右の銘は、『驕兵必敗』

経歴・職歴

大阪商業大学卒業後、新日本製鐵(現、堺ブレイザーズ)に入社。日本リーグ(現、Vリーグ)ではセンタープレイヤーとして、新人賞、ベスト6(5年連続)、ブロック賞、スパイク賞など数々のタイトルを獲得。日本代表としても活躍し、1992年のバルセロナオリンピックには主将として出場。6位入賞に大きく貢献した。 現役引退後は、新日鐵、日本代表ジュニアチームの監督を歴任し、2005年に日本代表監督に就任。オリンピック出場を果たすため、非常に厳しい指導を続け、低迷を続けていた日本代表をフィジカル面、メンタル面ともに鍛え上げ、戦う集団へと変えていった。
2008年、北京オリンピック世界最終予選を見事に突破。自身が出場したバルセロナ以来、16年ぶりに日本代表をオリンピックへと導いた。また熱血指導の一方では、目標を達成するための緻密な計画も立てるなど、卓越した組織マネジメント力を持ち、企業からの講演依頼も多数寄せられる。
現在は、日本バレーボール協会シニアディレクター(強化委員長)、大阪商業大学教授。

講演テーマ

モチベーションアップに必要なこと

バレー関係者も驚いた、男子バレーの北京五輪出場。選手のモチベーションを支えたキーワードは「オリンピックに出れば人生が変わる」バルセロナオリンピックに出た選手のその後(多くが指導者として活躍中)を具体的に示し、キャリアの中での重要性を伝える。

コミュニケーション強化による「人間力の底上げ」

リーダーとしての組織マネジメント

指導者に求められるもの

自分で限界を決めるな~夢は必ずかなう~

実績

【講演実績】
ジョンソン&ジョンソン様(従業員向け)
東京海上日動火災保険様(従業員向け)
三井住友銀行様(新入行員向け)
JR東日本様(従業員向け)
三菱東京UFJ銀行様(お客様向け)
NTTデータアイ様(従業員向け) ・・ほか多数

【伝えたいメッセージ(特に管理職の方へ)】
・組織を強くするために必要なコミュニケーション(言語教育)
・目標設定の重要性
・与えられた戦力で最大の成果を出すためのプロセス設計

【現在の活動】

・日本バレーボール協会シニアディレクター(強化委員長)
・大阪商業大学教授

【保有資格】
JOC専任コーチ(TOPコーチアカデミー)
日本体育協会上級コーチ

主な著書

  • 『徹底マネジメント』(総合法令出版)