講演会・講師依頼のパートナー、講師派遣をお探しの方は講演講師ナビへ

講演講師ナビ
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。電話受付時間 月~金 9:00~18:00  

TEL:03-5925-1371

廣道 純 ひろみち じゅん (男性)

  • 車椅子陸上
講演内容
教育・進路/モチベーションアップ/人生/芸能・文化・スポーツ
生年月日
1973年12月21日
講演可能地域
  • 全国
印刷用ページへ

パラリンピックメダリスト

1973年12月21日生まれ。大阪府堺市出身。シドニーパラリンピック800m銀メダル、アテネパラリンピック800m銅メダル獲得。北京パラリンピックでは800mで日本新記録をマークするなど出場4種目中3種目で入賞を果たす。4大会連続出場のロンドンパラリンピックでは、800mで6位入賞。400m、800mの日本記録を保持。

経歴・職歴

高校1年の時、バイクに乗って事故を起こし、脊髄損傷により車椅子生活となる。退院後、即車椅子レースの世界へ。94年、当時の車いすマラソン世界記録保持者ジム・クナープの元へ弟子入りを志願。彼の元でホームステイし、レース前のメンタルトレーニングや勝ち方、練習方法など多くのことを学び、アスリートとしての素質を開花させる。94年ボストンマラソンを皮切りに世界各国のレースに出場。 96年大分国際車いすマラソンでは、日本人初の総合2位を果たし、名実ともに世界のトップアスリートとなる。00年シドニーパラリンピック800mで銀メダル、 04年3月には日本人初のプロ車いすアスリートとして独立。 その年に行われたアテネパラリンピック800mで銅メダルを獲得。08年北京パラリンピックは大会前までの世界記録を上回る記録で8位入賞。ロンドンパラリンピック800mでは6位入賞と、4大会連続入賞の偉業を達成。43歳で迎えるリオデジャネイロパラリンピックでは、3度目の表彰台を目指す。
プロのアスリートになってからは、年間25~30回のレースに出場しながら、記録や自身の可能性に積極的にチャレンジ。テレビ・ラジオ出演、講演なども意欲的にこなしている。また、選手育成や車いすレース普及の為、大会運営にも積極的に取り組み、健常者マラソンと車いすレースの融合できる大会を目指し活動中。

講演テーマ

「チャンスはどこにでも落ちている。それを掴むかは自分次第」

【伝えれる事】
・自分がどう行きたいかで人生が決まる。
・クヨクヨ生きるのも、楽しむのも自分次第。
・障害は必ずしもマイナスではないこと。

やらずに後悔よりもやって失敗

【伝えれる事】
・夢を諦めずに追い続けることの大切さ。
・目標を持って挑戦する生き方。
・元気と前向きな気持ち。

「熱血アスリート的、プラス思考とは」

【伝えれる事】
・ちょっと頑張れば届く目標を積み重ねていくことにより、結果、大きな目標を手に入れることができる。
・モチベーションアップ。

「人生は1度きり 危険はある日突然やってくる」

【伝えれる事】
・自身の経験を交え、危険に対する意識や行動のとり方。
・いのちの大切さ。

実績

【講演実績】

<学校>
長岡工業高校「心が元気になる」講演会
大分県立野津高等学校60周年記念講演
岐阜県関市立小金田中学校 家庭教育学級講演会
川崎地区アットマーク明蓬館高等学校 特別講演会

<企業>
大阪福祉タクシー運営連絡会議 講演会
TDKラムダ社員向け講演会
工藤建設「新春のつどい」講演会
新経営者交流会 講演

<自治体>
大分県社会福祉協議会「権利擁護・成年後見セミナー」
原川地区青少年健全育成連絡協議会 講演会
アスリート ドリームスポーツ祭 トークショー
岡山県教育委員会人権教育セミナー
大分市立直方第二中学校「いのちの授業」

【受賞歴・出場歴】

◎日本記録
400m /50秒21(大分陸上2010で記録)
800m /1分37秒86(北京パラリンピックで記録)

◎表彰
2004年2月 大分県民栄誉賞(全国車いす駅伝5連覇)
10月 大分県民栄誉賞(パラリンピック2大会連続メダル獲得)
日出町スポーツ功労賞(アテネパラリンピック銅メダル獲得)
大阪府スポーツ功労賞/大阪府民栄誉賞/堺市民栄誉賞
内閣総理大臣賞 (アテネパラリンピック銅メダル獲得)

【現在の活動】
・大分県竹田市特命大使
・スポーツ観光マイスター

主な著書

  • 『どうせ、生きるなら~車いすアスリートの明るい闘い』(実業之日本社)