講演会・講師依頼のパートナー、講師派遣をお探しの方は講演講師ナビへ

講演講師ナビ
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。電話受付時間 月~金 9:00~18:00  

TEL:03-5925-1371

齋田 悟司 さいだ さとし (男性)

  • 車いすテニスプレイヤー
講演内容
教育・進路/モチベーションアップ/人生/芸能・文化・スポーツ
生年月日
1972年3月26日
講演可能地域
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京都
  • 神奈川
印刷用ページへ

挑戦する勇気、夢を持つ事の大切さや困難の乗り越え方についてお伝えします

12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断、車いす生活に。しかし常に目標をもち競技に打ち込み、1996年にアトランタオリンピックの舞台までたどり着きました。車いすテニスの競技のことについてや、世界を相手に戦い続ける信念や挑戦する勇気、夢(目標)を持つことの大切さや困難の乗り越え方など、自身の経験を元にお伝えします。

経歴・職歴

12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断、車いす生活に。1996年のアトランタ大会から6大会連続でパラリンピックに出場。2004年のアテネパラリンピックでは国枝慎吾選手と組み男子ダブルスで金メダル、2008年の北京パラリンピックでは男子ダブルスで銅メダルを獲得した。
2003年には国際テニス連盟(ITF)選出の「世界車いすテニスプレーヤー賞」を日本人選手として初受賞するなど、日本を代表するトッププレイヤー。
2016年、自身通算6回目のパラリンピック出場となったリオデジャネイロ パラリンピックにて、国枝慎吾選手と組み男子ダブルスにて銅メダルを獲得した。

講演テーマ

行動する勇気 ~世界への挑戦 夢を実現するために必要なこと~

12歳の時に骨肉腫により左下肢を切断し車いす生活に。世界への挑戦の姿勢を持ち続け16年リオ大会まで計6回のパラリンピックに出場し金メダル1回、銅2回獲得する等戦い続けてきました。競技についてや世界を相手に戦い続ける信念や挑戦する勇気、夢を持つ事の大切さや困難の乗り越え方など、自身の経験を元に伝えます

2020年に向けて ~パラ競技の現状~

2020年に向けてスポーツに対する関心がどんどん高まってきています。車いすテニス競技の第一人者として、27年間の競技生活を通じての様々な国・地域での大会での自身の経験と共に、2020年に向けての日本におけるパラ競技の現状や問題点、期待などについてお伝えします。

実績

【主な戦績】
2004年 アテネパラリンピック ダブルス/金メダル
2008年 北京パラリンピック/銅メダル
2012年 ロンドンパラリンピック出場
2013年 Japan Open シングルス/ベスト8、ダブルス/準優勝
     Taipei Open シングルス/準優勝、ダブルス/優勝
     Osaka Open シングルス/準優勝、ダブルス/優勝
    Peace Cap シングルス/優勝、ダブルス/準優勝
2014年 Japan Open シングルス/ベスト8、ダブルス/準優勝
     Daegu Open シングルス/ベスト8、ダブルス/優勝
2015年 Indian Wells Tennis Garden Wheelchair Champs シングルス/優勝、ダブルス/優勝
     Taiwan Open, Lions Cup シングルス/ベスト4、ダブルス/優勝
     Daegu Open シングルス/ベスト8、ダブルス/優勝
     Busan Open シングルス/ベスト4、ダブルス/準優勝
     Midwest Wheelchair Tennis Championship シングルス/準優勝、ダブルス/準優勝
     Vancouver International Wheelchair Tournament シングルス/準優勝
    Ath Open シングルス/ベスト8、ダブルス/優勝
     Flanders 25 シングルス/ベスト4、ダブルス/優勝
     Togliatti Open シングルス/優勝、ダブルス/優勝
     Osaka Open シングルス/準優勝、ダブルス/優勝
     PTR Hiltonhead Open シングルス/ベスト8、ダブルス/優勝
2016年 Be’er Sheba Open シングルス/準優勝、ダブルス/準優勝
     Taiwan Open, Lions Cup シングルス/ベスト4、ダブルス/優勝
     神戸オープン シングルス/優勝
     Daegu Open ダブルス/優勝
     Busan Open ダブルス/準優勝
     リオデジャネイロ パラリンピック ダブルス/銅メダル